スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハトプロテクターⅠ型
P1010010.jpg P1010012.jpg
ハトプロテクターはポリプロピレン製で柔軟性があるため、狭い場所へは針をカットして設置する事ができます。

ここは50mm程度の隙間なのですが、ねぐらの為かなり無理をして侵入してきます。 


ハトプロテクターⅠ型はエドバンコーポレーションへ



スポンサーサイト
ハトプロテクターⅡ型取付工事
23.4.4 003 23.4.4 005
本日は電鉄の高架の天井部へのハトプロテクターⅡ型の取付工事です。

この様な場所は、鳩が好む為非常に糞害が大きくなっています。
先ずは金ブラシで糞を除去し、その後ハトプロテクターを設置。
接着剤とバンドの併用です。


ハトプロテクターⅡ型はエドバンコーポレーションへ




スピーカー上部 防鳥剣山設置
P1010011.jpg P1010013.jpg



このスピーカーはスズメが多数止まります。

足跡がビッシリとついています。

この様な場合は樹脂製の防鳥剣山をインシュロックバンドを利用して設置します。

樹脂製ですので、防鳥剣山は曲げて使う事ができます。

スズメ対策は基本的には防鳥ネット、トリカルネット、防鳥剣山で対策します。

防鳥剣山はエドバンコーポレーションへ
スピーカー上部、防鳥剣山設置
P1010011.jpg P1010013.jpg



このスピーカーはスズメが多数止まります。

足跡がビッシリとついています。

この様な場合は樹脂製の防鳥剣山をインシュロックバンドを利用して設置します。

樹脂製ですので、防鳥剣山は曲げて使う事ができます。

スズメ対策は基本的には防鳥ネット、トリカルネット、防鳥剣山で対策します。

防鳥剣山はエドバンコーポレーションへ
ハトプロテクター ステンレスバンド止め工事
P1010073.jpg

本日も昨日と同じ場所での工事です。

雨水パイプへのハトプロテクターの取り付けはステンレスのバンドがしっかりと固定でき、

耐久性はバツグンです。

取り付けはインパクトドライバーを使って行いますので、作業性がすごく良いです。

ステンレスバンドはサイズがたくさんありまして、排水パイプの径に応じて使い分けを

します。

今回はVP100とVP120の2種類のパイプに固定しています。

パイプの繋ぎ目のところは若干径が太くなりますので、1サイズ上のホースバンドが

必要になる場合があります。

ハトプロテクターのご依頼はエドバンコーポレーションへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。